衣料品業界に何となく居続けているが、「趣味は衣料品だけです」という人はほとんど見たことがない。
仕事にしているくらいなので衣料品自体は好きな人ばかりだが、趣味はまた別にある。

それはキャンプだったりサーフィンだったり音楽鑑賞だったりする。

「趣味は衣料品のみ」という人は衣料品業界人といえども皆無に等しい。

そう考えると、「服だけしか売っていない」ZOZOTOWNは、「服も売っている」Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどには到底勝てないことは明白である。

つい昨日、仕事を共にしている「業界の美肌プリンス」の名を欲しいままにする深地雅也さんとこんな話をした。

高校生20人くらいに向かってファッション専門学校の講義をしたそうだが、ネット通販について質問したところ、「ゾゾで買う」と言った学生は1人しかおらず、あとの残りはAmazon、楽天が多かったとのことだ。

もちろん、「身の周り調査」に過ぎないが、同じ経験は当方にもある。
18~22歳くらいまでのファッション専門学校生に尋ねてみると、ZOZOTOWNで買うと答える生徒は毎年ほとんどいない。

ZOZOTOWNの主要客層は20代半ばから30代後半の男女であり、それ以外の年代へのリーチは弱い。
主要客層の下の年代を取り込むか、さらに上の年代(40代以上)を取り込むかは、企業戦略の分かれ目でどちらが正解とも言えないが、ZOZOTOWNの場合は「ツケ払い」の開始という施策を見ても、下の年代の取り込みを選択したと思える。

しかし、現時点では下の年代の取り込みはほとんど奏功していないといえる。
その結果が、高校生・ファッション専門学校生がほとんどZOZOTOWNでは買っていない現状に現れているのではないか。

じゃあ、どうしてAmazonや楽天が高校生や専門学校生を取り込めたかというと、服以外の商品が豊富に売っているからだ。
というよりも服はおまけの付けたしで、本来は服以外の商品が主力だった。
Amazonが日本に上陸してからもう13年以上になる。
楽天がスタートして15年以上になる。

初期からのユーザーはもう40代・50代になっており、その人たちの子供は生まれたときからAmazonや楽天で商品を買われていることになる。

Amazonは当初は本の通販だったし、楽天も雑貨や家電などが主力だった。
両方とも服の販売は付けたしだったり後付けだったりする。

当然、初期からのユーザーは自分の子供が生まれても、その子供に本やおもちゃ、ゲーム機・ゲームソフトなどをAmazonや楽天で買い与えていただろう。全部ではないにせよ、相当数をAmazonや楽天で買い与えていると考えられる。
常にレイトマジョリティーに属する当方だって、長男が小学校6年生くらいのとき(今から10年くらい前)、日本の書店ではなかなか売っていないゲームの本が欲しいと言われ、初めてAmazonで購入した記憶がある。

小さい頃からAmazonや楽天に慣れ親しんでいる子供たちが高校生や専門学校生になったとき、今までまったく馴染みのないZOZOTOWNを選ぶか、小さい頃から慣れ親しんだAmazonや楽天を選ぶかは、明らかだろう。
そんな見ず知らずのサイトでは服なんて買わない。

おまけに楽天も服を売っているし、Amazonはここ数年で服も豊富に売っている。
じゃあ、今までゲーム機やおもちゃを買ったサイトでついでに服も買うようになるのは当たり前だ。

当方だって、サイズが思ったよりも小さかったので無料返品したが、今年の正月にはAmazonでコーエンのステンカラーコートを買ってみた。
決してZOZOTOWNではない。

当方がZOZOTOWNを利用しない理由は前澤友作社長の顔付き・顔立ちが嫌いなことと、何万円買おうが送料は200円かかるからだ。
Amazonなら2000円以上で送料無料になるし、ユニクロ・ジーユーサイトなら5000円以上で送料無料になる。
アダストリアホールディングスのドットエスティだと4000円以上で無料だ。
ヨドバシカメラドットコムなら1円の商品でも無料配送してくれる。

どちらがお得なのかは一目瞭然だ。

当方にとってZOZOTOWNはウェブ版のカタログ、リサーチ目的で閲覧するページに過ぎない。

Amazonだとパソコン回りの機器と趣味のガンプラを見たついでに服や靴、リュックなどを検索して価格を調べる。
お買い得品があればガンプラのついでに買う。

また、Yahoo!ショッピングも同じ理由で利用する。
Amazonよりも検索が当方にとって使いやすいし、Amazonにはないお買い得品もある。

先日もこのブログで紹介したが、ZOZOTOWNへの加入数はここ1年で1万7000人しか増えていない。

日本国内だけで考えると、ある程度「ファッションに興味のある人たち」という客層をZOZOTOWNは取り込み切ったのではないかと思う。
そして、ファッションに興味のある人たちというのは圧倒的に少数派である。

大多数の人、いわゆるマスはそこまでファッションには興味はない。もちろん、無関心ではないがすごく興味があるわけではない。

そういう人たちが「服しか売っていない」ZOZOTOWNに今後加入することは考えられない。
そういうマスの人たちは「服も売っている」Amazonや楽天、Yahoo!ショッピング、ヨドバシカメラドットコムあたりがすべて取り込んでしまうだろう。

ZOZOTOWNは海外に活路を見出すという意見もあるが、それも容易い道ではないと思う。
なぜなら、すでに各国には大手の衣料品通販サイトがあるからだ。
地元で名前の通ったサイトよりも海外からやってきた得体のしれないZOZOTOWNなるサイトでわざわざ服を買いたいと考える人がどれほどいるだろうか。

日本国内に置き換えてみたら良いだろう。
中国でも韓国でもインドでも構わないが、その国の有名衣料品通販サイトが上陸したとして、真っ先に飛びつく人は少ないだろう。
それよりは知名度があるZOZOTOWNで買う人が多いだろう。

それと同じことだ。

そんなわけで、今後はさらにAmazonは猛威を振るうだろうし、楽天やYahoo!ショッピングもなかなか侮れない底力を持っているといえる。
すでにこれらの「服も売っている」サイトは子供までを囲い込んでおり、全年代をしっかりとつかんでいるといえる。

服なんて所詮は生活で必要な物の一つに過ぎないし、そこに特化したZOZOTOWNの市場規模は当然小さくなる。業界人やインフルエンサーが思うほどには、大きな市場は決してつかめない。

ファッション業界人は認めたくないかもしれないが、ガンプラの横に服を並べて売っているAmazonや、塩昆布の詰め合わせの隣に服を並べて売っている楽天の方が一般人の嗜好にはるかに合っているということだ。
そしてマスに売るとはそういうことなのである。

NOTEの有料記事を更新~♪
心斎橋筋商店街がドラッグストア街に変貌した理由とこれまでの変遷の推移
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/n2eb0ac5ccb54

あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro

昨年9月下旬にブログの仕様を変えて、更新通知が届かなくなった方がおられると思いますので、お手数ですが、新たにRSS登録をお願いします

たまには楽天の本もどうぞ~