さまざまな主観はあるだろうが、最近の低価格品は品質的にも見た目的にもそれなりの商品が多いと感じる。
だから、多くの人が低価格品を買うのは当然である。

土日祝日に走り始めて、6年強になる。
以前にも書いたように、1時間で7・5キロ程度しか走れない「なんちゃってランナー」である。

なんちゃってランナーのくせに靴下は一応、専用の靴下を買って履いている。

ずっとタビオの1600円の靴下を買っていたが、今は、サンプルでいただいたコーマのフットマックスも履いている。
それ以外に、昨年の秋に、チュチュアンナが新発売したランニング専用靴下も履いている。
タビオ、フットマックス、チュチュアンナとローテーションを組んで履きまわしている。

コーマのフットマックスも価格は1600円だが、チュチュアンナのは3足1000円なのでためしに買ってみた。

IMG_3130

(昨年秋に買ったチュチュアンナのランニングソックス)

見た目は普通で、履いてみた感想も普通である。
タビオやフットマックスは着圧がかなり強力だが、チュチュアンナはあまり着圧がない。

しかし、3足1000円ということを考えると、それで十分だといえる。

実際に履いて走ってみると、筆者のごとき「なんちゃってランナー」では、別に支障がない。

本格的に走る人や競技をする人にとってはもしかすると物足りないのかもしれないが、50歳手前のオッサンが自己流で7キロほど走る程度なら十分な性能といえる。

それに3足1000円だから、それ以上の機能や性能を求めるのは筋違いである。

今回は、例として3足1000円のチュチュアンナのランニングソックスを出したが、他の衣料品や服飾雑貨も同じ状況にある。

一昨年に無印良品で買ったストレッチデニムのスキニージーンズはかなり優秀で、いまだにほとんど膝が出ない。

定価3980円でも十分すぎるほどのクオリティだといえるが、これを半額に値下がりしているときに買った。

4年くらい前のモノ比較雑誌「MONOQLO」で低価格ジーンズの品質比べで、1位を獲得したのはユニクロではなく無印良品だった。

それほどに無印良品のジーンズのクオリティは高い。

こうなってくると、わざわざ高いブランド品を買う必要性がなくなってくる。

それにしても、20年前、10年前と比べると、低価格品の見た目に雲泥の差がある。

20年前、25年前にも低価格衣料品は存在していた。
ジャスコやイトーヨーカドーなどの大型スーパーが低価格衣料品を売りに売って、高額な利益を稼ぎ出していた。

しかし、ブランド商品と比べると、デザインソースは同じだが、コピーしきれずに全然違う見た目になっていた。
生地も異なり、薄かったりぶ厚かったりしているし、色柄の色彩トーンもなんだか異なっている。
ここまで微妙なズレが重なると商品としてはまったくの別物になってしまっていた。

だから、ブランド品を買うほかなかった。

低価格品は代替品にはなりえなかった。

現在は、低価格品は容易に代替品になりえる。

ユニクロにせよ、無印良品にせよ、生産ロットが大きいからこそ、ブランド品よりも低価格でありながら、中には生地や縫製の品質が高い商品もある。

家電や自動車、パソコン、スマホなど多くの商品には低価格代替品が登場しており、それが広く消費者に普及する理由にもなった。
衣料品や服飾雑貨もそれらと同列になったということであり、なぜ、衣料品やファッション用品だけを別だと考えられる人がいるのかが、理解に苦しむ。

インスタグラム始めました~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/