買い物の際に「値段合わせ」に苦労されることはないだろうか?
筆者は貧乏性なので「値段合わせ」を必ずしたくなる。

例えば、ポイント付与の場合だと、1000円以上でポイント付与という場合がある。
990円なら10円足りないからポイントが付与されない。
じゃあ、もう1点買えよということになるが、欲しい物がないのに無理やり買う方がもったいない。
しかもそれが1990円とかだったら今度は20円足りないということになる。

だから筆者はできるだけ10円に近い金額の商品を探してしまう。
しかし、昔の駄菓子屋ではないから洋服店に10円の駄菓子なんて置いてない。必然的に100円とか200円の商品を探す。だいたい値下がりした靴下がこの値段帯である。

だから結構靴下が貯まっている。

ポイント付与よりもネット通販の方が「値段合わせ」に真剣に考え込んでしまう。
50円でも100円でも送料無料で送ってきてくれるのはヨドバシカメラドットコムくらいで、Amazonも2000円以下は送料が通常配送で350円が必要になる。

ユニクロオンラインは5000円以下だと送料は450円になる。

じゃあ、その値段以下の掘り出し物を見つけた場合、どうするのか。
ここでいつも頭を悩ませる。
Amazonで洋服・服飾雑貨を買った場合、多くの場合2000円くらいになるが、ガンプラを買った場合は2000円に達しないことが多い。
その場合、350円の送料を払うと、Amazonで買う意味がなくなる。
それなら近所のジョーシンだとか家電量販店で買うのと同じになる。

そんな場合は送料無料のヨドバシカメラドットコムを見てみるが、ヨドバシカメラドットコムはAmazonよりもガンプラが高い場合がある。
ここで仕方なく、もう1点欲しかったガンプラを抱き合わせで買って2000円にしてAmazonで買う。

これがまず1つの解決法。

もう一つは送料が1300円とか1500円で無料になる(時々変動する)駿河屋のオンラインショップで買うかである。
ガンプラは駿河屋の方がAmazonより安い場合が多い。

これがもう1つの解決法である。

Amazonは書籍と抱き合わせなら送料が無料になるから欲しかった書籍と抱き合わせで1000円未満のガンプラや服飾雑貨を買うという手段を取ることもある。

これが3番目の解決法である。

さて、9月くらいからずっとユニクロのオンライン限定500円引きクーポンを3つ抱えていた。
2つは11月末で効果がなくなってしまって、年末までの500円クーポンが1つ残っていた。

無理に使う必要もないから11月末で効果をなくしても平然としていた。オンラインショップは5000円以上の買い物をしないと送料が無料にならない。ぶっちゃけユニクロで1回で5000円を越える買い物をほとんどしたことがない。実店舗でもだ。
ユニクロで1回の買い物で使う金額は最高額が3990円くらいである。

しかもオンラインクーポンは5000円以上でないと使用できない。

だからもらわなくても全然良いのだが、もらってしまうと貧乏性なので気になる。

今秋、鳴り物入りで発売されたユニクロUがそろそろ投げ売られている。
ジーンズやツイルイージーパンツは990円にまで値下がりしている。
ルメールデザインのズボンが990円まで値下がりするというすごい世界が展開されている。

綿100%のズボンは敬遠しているのでルメールがデザインしようが、たとえ川久保玲がデザインしようが、それが500円に値下がりしても買うつもりはない。

ニット類は当然ながらアウター類も値下がりしている。

実はまだユニクロUは買ったことがなかったので、手ごろな値段に値下がりしたアウターを買おうと思った。
そこで定価6990円から4990円に値下がりした前ボタン式のウルトラライトダウンを買うことにした。
マスタード、ネイビーは品切れに店舗でも品切れが多く、オンライン通販でも品切れになっている。
残っているのは黒とオリーブ(カーキっぽい)とダークグリーンの3色である。
これは店舗もオンラインもほぼ共通している。

57_186147_large

店舗でこれを買えば、4990円×消費税となり、5000円オーバーになる。
オンライン通販で買っても同じで、消費税抜きで5000円を越えないと送料無料にならないからオンラインで買う方が高くなる。

黒のMサイズを買おうと思ったのだが、最初は店頭で買おうとした。

ふと、「10円に近い商品を抱き合わせて、500円引きクーポンを使えばオンラインで買った方が安くなるのではないか」と思い立って、値下がり商品を検索してみた。
10円の商品はないので、100円台に値下がりした商品を探したが衣料品、雑貨では残っていない。靴下も売り切れている。

あきらめかけたときに、タイポグラフィーシート100円が目に飛び込んできた。
これを抱き合わせて5090円にして、500円引きクーポンを使えば4590円になり、消費税込みでも5000円未満で収まる。

36_13908400035

(ユニクロのタイポグラフィーシート)

ためしにそのように発注してみると、見事に5000円以下になりながら送料は無料になった。

これからこのタイポグラフィーシートとの抱き合わせという買い方は使える。
特に税抜き4990円の商品を買う場合は送料450円を支払うよりも安い。

ちなみにこのボタン式のウルトラライトダウンだが、個人的にはデザインが好きだが、アウターとして着こなせるのはファッション上級者ではないかと思う。
インナーとして活用したほうが万人が活用しやすそうだ。
おまけに2014年年末に買ったインナー向けのウルトラライトダウンよりも袖が細い感じがするのでインナーには適している。2014年末のインナー向けウルトラライトダウンは袖が太いような気がするので部屋着用に格下げしてしまう。

抱き合わせで買ったものの、タイポグラフィーシートは要らないのでそのうちどなたかに差し上げようと思う。