需要がなくなったり、従事者の生活が困窮するような産業が滅ぶのは当然