衣料品不況下で高額にもかかわらず、好調に売れているとして注目を集めているのがデサントの「水沢ダウン」である。

販売価格は8万~12万円とあるから、プロパー(定価)での平均販売価格は10万円くらいではないかと考えられる。

各媒体で「好調」とか「〇〇%増」とか書かれているが、具体的枚数は書かれていない。
果たしてどれくらいの販売枚数なのか。
インターネットでいろいろと調べていると、デサントの2012年11月29日のプレスリリースを発見した。

https://www.descente.co.jp/company/press_releases/2026.html

ここにはこう書かれてある。

「水沢ダウン」各種は、全国のスポーツ専門店、百貨店、セレクトショップなどで11月末より発売いたします。各店舗、また海外の展開を併せ約4,000点の販売を目指します。

とのことである。

2012年11月時点での2012年秋冬用モデルの販売枚数だから、2011年秋冬実績は4000点以下だったと考えられる。
目標数値として「4000点」を挙げているということは、前年実績はそれ未満だったと考えるのが普通である。
しかもこのころはまだ開発したばかりの新規商材だから、当然、2011年秋冬実績は4000枚を下回っていただろう。

ここから終わったばかりの2015年秋冬実績をかなり大雑把に推測してみたい。

2013年、2014年と前年比50%増ずつの枚数で伸びたと仮定する。

2013年だと6000枚、2014年だと9000枚である。
2015年実績も前年比50%増だとすると13500枚ということになる。

いくら多くても15000枚は越えないだろう。
と個人的には推測する。

たしかに10万円前後の高額商品にしては売れたといえる。
しかし、「バカ売れ」とか「絶好調」という最大級の形容詞を付けるほどだろうかとも感じる。
記事にする場合は見出しにインパクトを持たせるのは常套手段ではあるがちょっと盛りすぎではないか。

しかもこの中には海外での販売枚数も含まれている。
「国内市場でバカ売れ」と報道するのは贔屓の引き倒しではないかと感じられる。

水沢ダウンの特徴は内蔵する羽毛のフィルパワー数値が高いことと、縫い目のない「シームレス」であることとされている。
縫い目をなくすことで降雨や降雪での浸水を防ぐともに、羽毛の飛び出しも防ぐ。

ちなみにこのシームレスという技法を早速、2015年秋冬商材でユニクロも使用している。
内蔵する羽毛のフィルパワー数値はもちろんユニクロの方が低いが、見方によっては、水沢ダウンの廉価な代替品とも見ることもできる。

店頭やオンライン通販を見ていると、7990円に値下げしてほぼ在庫を売り切ったようだ。

ダウンジャケットというジャンルにおいては、シームレスは久しぶりの新しい技法なので、ユニクロは2016秋冬商品でも再度改良版を販売するのではないかと見ている。

それにしても販売枚数はそれほど大したことないが、水沢ダウンの成功はデサント社員の士気を高めたのではないか。
毎年徐々に増えるという形で、10万円前後という高額ダウンが売れて、それがさらに「名品」として認められ始めたのだからモチベーションが高まる。
デサントの新しい「顔」ともなりつつある。

高額ダウンジャケットブランドはなぜか海外勢が圧倒的である。
人によっては、モンクレールもデュベティカも価格程のクオリティはないという意見もある。
誰もが認める高品質・高価格ブランドが国産から生まれつつあるのは非常に喜ばしいことである。

筆者は冬場に山にもスキーにも行かない。
バイクにも乗らない。せいぜいママチャリに乗るくらいである。
しかもかなりの暑がりで、先日買ったジーンズメイトのダウンジャケットですらときどき暑すぎると感じることがある。

そんなわけで個人的には、2016秋冬に発売されるであろうユニクロのシームレスダウンを7990円くらいに下がった時点で買ってみようと思う。
関西の平地で暮らす暑がりのオッサンにとってはこれくらいで十分である。