南充浩の繊維産業ブログ

ファッションブログ・・・・と言いたいところだけれどもそこまでファッションに特化していないし、能力的にもできない。そこで繊維製造業、産地、アパレルメーカー、小売店など幅広く繊維産業全般についてぼちぼちと書きます。たまにマスコミ、経済問題についても書く予定。よろしくお付き合いください。 お仕事の依頼は minami_mitsuhiro@yahoo.co.jp まで。

繊維業界新聞の記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下まで担当。 同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。 現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

従来型の物作りにこだわりながらマス層へのヒットを願うのは現実性に乏しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 従来型の物作りにこだわりながらマス層へのヒットを願うのは現実性に乏しい
 洋服もその他も含めて、物作りの姿勢は大きく2つに分かれる。

1、従来通りの商品を作り続ける
2、市場の売れ行きに合わせて作る商品・作り方を変える

である。

様々な意見があるのは承知しているが、ビジネスの観点からいえば個人的には2が正しいと考えている。
1の姿勢は否定しない。ニッチ層に向けて作って売るという自覚があるなら。

しかし、1の姿勢を取りながら、「マス層に売りたい」と考えるのはいただけない。
さらにいうと「昔ながらの良さがわからない方が悪い」「マス層に売れてしかるべき」と考えるのはもっともナンセンスである。そういう業者にはまったく共感を覚えない。

例えば、大ヒットしている「カレンブロッソ」のゴム底草履がある。
大ヒットしているといってもユニクロやGUのように百万枚とかそういう数量ではない。
しかし、生産キャパいっぱいの状態が続いている。将来的な不安もあって生産キャパを増やすことはしないそうだが、それがまた値崩れを防いでいるという側面もある。
需要が供給を上回り続ける限り、値崩れは起きない。

ヒットの要因は、コルク芯+革底で作られていた従来の草履をEVA台+ゴム底に改良したことにある。
これで格段にクッション性が高まり、足が疲れなくなった。
また従来品よりは雨でも滑りにくくなった。

要は機能性が格段に向上したということである。

15499_01



和装関係の展示会やイベントに出向いても、この草履の着用者が多い。
普段は「伝統ガー」とか言ってる人も、この草履を履いている。
言ってしまえば、人間は誰しも楽な方が良いのである。伝統か快適さかどちらかを選べと言われたら、ほとんどの人は快適さを選ぶ。もちろん筆者もそうだ。

筆者はマゾヒストではないから、苦痛を我慢する趣味は持ち合わせていない。

カレンブロッソの廣田裕亘社長とは定期的にお会いしていろいろと話を伺うことがあるが、これがヒットしたのは、ご自身でも予想外だったとのことだし、運やタイミングの良さも大いにあったが、伝統に固執せずに機能性を向上させなければ、その運もつかめなかっただろう。

それとあと、履物というところも定期的な買い替え需要を産んでいる。
洋服と違って、履物は地面と直接摩擦するので、絶対に定期的に傷む。
だから補修か買い替え需要が絶対に生じる。その買い替え需要に至るまでの期間は洋服よりも格段に短い。

後から考えればヒットする理由はそろっているのだが、そこにたどり着けたのは廣田社長の話を聞けば聞くほど「たまたまだった」としか思えなくなる。(笑)

それはさておき。

このゴム底草履がヒットすれば、当然、世の中に広まる。
もしかすると、近い将来、草履といえばすべてゴム底草履になってしまう可能性もゼロとは言えない。
そうすると「伝統」の草履作りの技術は廃れる。
不要な技術は廃れても当然じゃないかという考えもあるが、従来の技術を守りたいと考える人もいる。
その存在は否定しない。

そういう人が、従来品を作り続けて「売れなくては困る」「本物の良さがわからない人が増えた」という理屈にたどり着くと思うのだが、そこは大いに疑問である。

例えば、ゴム底草履を収入の柱としながら、そこで得た利益で細々と従来型草履の技術伝承をすれば良いのではないか。
売れる物を作って売って、その収益で伝統技術の継承をするのがもっとも理論的で効率的ではないか。


豆腐のため、ファッションショーにも通う
相模屋食料 鳥越淳司社長
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/269473/033000078/?P=1

ザク豆腐を開発した相模屋食料の社長インタビューが掲載されているが、この豆腐メーカーは通常の豆腐も生産し続けている。
その一方で話題になりやすいザク豆腐やデザート向けのナチュラル豆腐といった「変わり種」を開発している。

どちらか一方だけだと売上高200億円は達成できなかっただろう。
通常の豆腐だけの生産だと面白みもないし話題性もない。需要だってそんなに広がらない。
広報販促の手段はありきたりな「安心・安全」とか「手作り」とか「大豆の本来の味」とか打ち出しに終始してしまう。

この打ち出しは同業他社と同じであり、埋没してしまって消費者には見向きもされない。

他方、ザク豆腐やナチュラル豆腐などのおもしろ商品だけだと、売れ行きが不安定になる可能性が高い。
話題性はあるかもしれないが、大いに外す場合もある。

それを考えると従来品と飛び道具という二刀流は非常にリスクが低いといえる。

繊維やその他商品の物作りも同じではないか。
そこを理解した業者だけが生き残ることになるのは、自然な流れで当然の結末だろう。










需要が供給を上回ると食玩でも価格が高騰する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 需要が供給を上回ると食玩でも価格が高騰する
 毎日欠かさず読んでいるブログは何か?と問われたら、柴犬ブログと文鳥ブログである。
それ以外はガンダムのプラモデルのブログになる。
ファッション業界関係者のブログは読むが、いわゆるファッションブログはほとんど読まない。

で、そんなわけでガンダムのプラモデルブログをいろいろと読んでいたら、ひょんなことから「ミニプラ」のブログへ飛んでしまった。
ミニプラって何かというと、食玩で、ラムネと簡単な組み立て式のプラモデルが入っている。
どっちかというとプラモデル9割・ラムネ1割くらいの内容量で、その「ミニプラ」のキュウレンオーの出来がすさまじく良いと書かれてあったので、繰り返し読んでいるうちに欲しくなった。

今年2月から始まった「宇宙戦隊キュウレンジャー」に登場する5体合体ロボットがキュウレンオーである。

デラックス超合金キュウレンオーは1万円近くもする高額品だが、ミニプラだと1つ350円。5体合体だが、胴体になるメカは上半身と下半身が別売りなので6個集めないと合体できない。
6個集めた価格は350×6=2100円ということになる。

1個350円だが6個合わさると意外に高いが、デラックス超合金よりは随分とマシな価格だ。

このミニプラキュウレンオーは何が優れいているかというと、5体合体できるうえに、手足、肩が可動してアクションポーズが付けられることにある。
デラックス超合金は光ったり音が鳴ったりするがほとんど可動できない。関節がないからだ。

IMG_2641



食玩なので食品スーパーやコンビニに売っているかと思っていろいろと探してみたが、なかなか見つからない。
そこで仕方なくAmazonで調べてみると、たいがいが2100円以上で売られている。

さすがに食玩に定価以上払いたくないので、地元の食品スーパー万代に行ってみると、棚の一番下に目立たない形で並べられており、これを買った。もちろん定価でだ。

例えばこれなんかは3400円で売られている。ほかにもAmazonではいくつか出品されているがすべて2880円、2900円、3200円と定価より1000円前後も高い。



さて、何が言いたいかというと、人気があって品薄が続くなら、食玩でもこれほど高値で売れてしまうということである。

衣料品の価格低下が問題になっており、様々な複合的要因があるが、理由の一つには過剰供給がある。
いくらトレンドだから、ブームだからといって特定の商品を過剰供給すればいずれ値崩れを起こす。
当たり前である。MA-1ブルゾンが流行っているからといって、それを4枚も5枚も買う人間はほとんどいない。
普通は1枚、せいぜい色違いで2枚か3枚くらいしか買わない。
2枚か3枚買う人はよほどの洋服好きであり、希少人種といえる。

洋服の製造システム、その原料の製造システムは基本的に大量生産だから、ある一定の製造数量は必要になる。1枚だけ洋服を作りたい、それに合うように3メートルだけ生地を織りたい、なんてことはほぼ不可能である。

1枚だけ縫製するというのはできる。サンプル工場やオーダー工場はそれで動いているが、生地は3メートルだけ織るなんてことはほとんどできないし、やったところで採算が合わない。

だから最低でも50枚とか100枚くらいは作らなくてはならないのだが、それでも売れる見込みもないのに何百枚・何千枚と作る必要があるのだろうか。

業界のためにと考えると必要かもしれないが、自社のビジネスを考えた際にはそれは必要ない。

セメントプロデュースデザインの金谷社長が、「プロダクトの業界は大量生産が基本なので、新商品を開発すると『一気に〇〇万個作りましょう、そのほうがコストが安くなるから』という人がいますが、売れる見込みもないのに一気に作れば下手をすると不良在庫を抱えることになります。そうなると何のために製造コストを下げたのか意味がなくなります。それよりも割高になるかもしれませんが、売れる見込みがある何百個・何千個くらいの個数を製造して様子を見ながら増産したほうが良いと思います。値崩れもも起こしませんし」ということをいつもおっしゃるがその通りだろう。

洋服も理屈は同じだ。

売れるか売れないかわからない商品(洋服業界のマーケティングのやり方も全般的に下手くそだが)を大量に作ったり、どこぞのチェーストア理論の亡霊みたいに「欠品させません」を合言葉に大量に見込み生産すると、必ず売れ残りが生じて、最後は投げ売りすることになる。

投げ売りした商品を筆者は買うが、投げ売りが常態化すると、消費者心理も「洋服は安い物」というふうに認識してしまう。

計画値を必ずしも前年10%増で組む必要もなく、前年トントンとか5%増程度に抑えれば良いのではないか。

値崩れを防ぎたいなら、売り切れ御免体制を構築するのが先決ではないか。
もう「欠品させません」なんていうキャッチフレーズに、大量にタンス在庫を抱える消費者は心が動かされなくなっている。

まあ、そんなわけで、一度ミニプラ「キュウレンオー」を手に取ってもらいたい。
きっとそのすごさがわかる。








業界では「当たり前」のことでも世間では知られていない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 業界では「当たり前」のことでも世間では知られていない
 卸売り型の衣料品メーカーは、小売店を招いて展示会を開催する。
小売り店はここで仕入れる商品を発注する。

展示会開催サイクルとしては、従来だと半年前であり、2017年秋冬商品なら、まさに今が開催時期である。
2月から4月末ごろまでが秋冬向け展示会の開催時期で、数多くのブランドがこの時期に開催する。

だから9月から11月ごろは来春夏向け商品の展示会が開催され、古くは春秋の年2回での開催が標準だった。


しかし、90年代後半ごろから店頭での売れ行き状況にクイックに対応する目的から、店頭投入の2カ月前、3か月前に展示会を開催するメーカーが増えた。
この場合は、だいたい年間に3回から5回展示会を開催する。


衣料品業界の人間からすると、投入2カ月前の展示会なんて製造のリードタイムが短すぎて、大丈夫なのかとちょっと心配になるが、衣料品業界外の人からすると「店頭の売れ行き状況の変化は早いのに、そんなに時間をかけて大丈夫なの?」という感想になる。実際に、自分もそう言われたことがある。


衣料品業界に限ったことではないが、業界の「当たり前」が広く世間には知られておらず、それがさらにビジネス環境を難しくしているという側面がある。


まともに衣料品を企画提案して、製造するとなると、受注数をまとめてから2カ月くらいで店頭納入するというのはかなりギリギリの作業になる。
製造枚数にもよるが、生地からオリジナルで作るとなると、さらに日程はギリギリになってしまう。


会社や製造物、製造数量によっても異なるが、ざっくりとした目安でいうと、オリジナルの生地を必要分だけ製造するのに最低でも1カ月弱はかかる。そこから生地を裁断して縫製するのに、また最低でも1カ月弱はかかる。こういうことが周知されていれば、2カ月前の展示会開催ということはかなりギリギリだということが理解できる。
大手生地問屋が抱えている生地を使用するなら、生地を作る時間だけは省ける。

先日、西陣織の業者がツイッター上で炎上したが、その後、状況が知られるとともに騒ぎは沈静化した。
ご存知の方も多いと思うが、業者が技術伝承を目的に弟子を募集したのだが、

「西陣織を習いたい、将来的に仕事にしたい方を募集します。ただし最初の半年は給与的なものも出ませんし、その後の仕事を保証はできません。ただ、この西陣織の職人が減りゆくなか、将来的に技術を覚えておきたい方に無料で教授いたします」

と書いてしまって、ブラック企業だという批判が続出した。

しかし、この業者の書き込みは内情を知っている人間からすると、そういう意図がなかったと読み取れるし、実際に業者も後付けだが「習い事をする感覚で入門してもらいたい」とそういう説明をしている。

現在、西陣織に限らず、技術者は老齢化している。国内の洋服縫製工場も同じで最年少工員は60代という工場だって珍しくない。
技術を伝えるためには後継者を募集しなくてはならないのだが、なかなか集まらない。

賃金が低いからだ。

低価格衣料が注目されている洋服関係の賃金が低いことは多くの人は体感的に理解できるが、何十万円もする着物関係の職人が低賃金だということは多くの人はあまり理解できていなかったのではないか。

「半年給与なし。仕事保証なし」  京都・西陣織職人の「弟子募集」はブラックと言えるのか
http://www.j-cast.com/2017/03/18293227.html?p=all

これはきちんと取材をした良記事だがこの中で、

「いま、西陣織の職人の平均年齢は75歳程度です。こうした熟練の職人は、もう年金を貰っていますよね。そこで起きたのが、年金の支給額を踏まえた上で『工賃』が決まるといった現象なんです」

   佐々木さんによれば、こうした動きによって西陣織全体の工賃の相場が大きく下がることになった。その結果、「西陣織だけでは家族を支えていくことができない」と判断した40~50代の職人が、次々と転職するという動きが出た。

とある。

今の主力となる職人は75歳前後であり、彼らは年金を支給されている。
その年金額があって、そこに少しだけ工賃をプラスオンするという仕組みになっている。

何十万円・何百万円の商品を製造しているのに工賃は安いのである。
おそらく工賃は1カ月トータルで数万円程度なのではないかと個人的には推測している。

それが基準になるので、若い世代の職人に支払われる工賃も激安になる。
支払う側からすると「超ベテラン(75歳)の職人がこの工賃なのに、どうして年数の浅い君らにこれ以上を支払わなくてはならないのか」という理屈が成り立っているということになる。

そういう状況だということは業界に近しい人間なら知っているが、広く世間一般には知られていない。

だから、反射的に「ブラックだ」という批判が出てしまったのではないか。
知らない人間からすると何十万円もの商品を作っているのだから、それなりに高い工賃をもらっていると想像できてしまう。

ちなみに何十万円もする着物なのに工賃が異様に安くなってしまったのは、着物の売れ行きが不振になったことに加えて、着物業界の取引が何段階もの多重構造のままであることが理由として挙げられる。
洋服のようなSPA業態はなかなか着物は難しいだろうが、多重構造を少しシンプルにするだけで、販売価格を下げられるか、職人の工賃を上げられるか、ができるようになる。

今回、このブログで何が言いたかったのかというと、業界で「当たり前と思われていることも広く知らしめる必要があるのではないかということである。

そうすれば今回のような炎上は起きなかっただろうし、洋服ブランドが2カ月前に展示会を開催して「遅い」と批判されることもない。

各社、各業界とも情報発信に力を入れ始めているが、そういう基本的な「当たり前」のことも発信すべきではないかと思う。

基本がコモンセンスとして共有されていないから、各社の発信が伝わりにくいのではないかと思う。
業界や自分たちが「当たり前」と思っていることが、実はあまり知られていないと事例だということは、想像以上にあるのではないか。
それをコモンセンス化できれば商況が好転する部分も出てくるのではないかと思う。和装洋装に限らず。

日本の工芸を元気にする!
中川 政七
東洋経済新報社
2017-02-24




PR
PR






記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード