南充浩の繊維産業ブログ

ファッションブログ・・・・と言いたいところだけれどもそこまでファッションに特化していないし、能力的にもできない。そこで繊維製造業、産地、アパレルメーカー、小売店など幅広く繊維産業全般についてぼちぼちと書きます。たまにマスコミ、経済問題についても書く予定。よろしくお付き合いください。 お仕事の依頼は minami_mitsuhiro@yahoo.co.jp まで。

繊維業界新聞の記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下まで担当。 同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。 現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

ユニクロのイネスのメンズラインを独断と偏見で採点してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ユニクロのイネスのメンズラインを独断と偏見で採点してみた
 9月1日にユニクロのイネス・ド・ラ・フレサンジュのメンズが発売された。

このラインでメンズが発売されるのは初めてとなるので、ちょうど時間があったから商品を店頭に見に行った。
今回は、この商品を見た感想を書いてみたい。

もちろん、個人的な好き嫌いに基づいているのでこの評価が絶対ではない。
商品を買う際の参考になれば幸甚である。
当然、まったく参考にしなくてもよい。
洋服なんてその程度の代物である。

商品の第1印象としては、いわゆる見た目はトラッドベースに欧州テイストを組み込んで上手くまとめていると思う。
だから「見た目」はかなり良いと思う。

商品を一つ一つ見てみると、ちょっと当たり外れが大きいかなあというのが、正直な感想である。
あと、ユニクロUと同じでストレッチ混の素材は一切使われていない。
ストレッチ混に慣れた当方のような人にはあまりお勧めできない。とくにズボンは。

じゃあ、まずは「当たり」「合格点」だと思った商品から挙げていこう。

1、ウールブレンドジャケット

ボタンがシルバーでいわゆる紺ブレ調で使いやすい。
地の紺色はユニクロUでもよく使われる黒に近いダークネイビーで、最近のユニクロはこの色がどうも好きなように感じる。
それとも染色ロットの関係上、莫大な数量を染めているからあちこちのラインに使用しているのだろうか。

69_402987






紺ブレといっても差し支えないデザインなのである程度のフォーマルにもカジュアルにも両方使用できる。生地の風合いもまずまずで、定価は9990円なのでいくらか値下がりしたら買おうかと思う。

ちょっと意外だったのが、素材の組成で、ウール40%・綿40%・ポリエステル20%となっている。この手の表面感のフラットなドレスアイテムにウール綿混という組成の生地を使うのは珍しい。
乏しい当方の経験の中ではあまりお目にかかったことがない。

もしかしたら、違う事例もあるのかもしれないが、ご存知ならご教授いただきたい。

ウール綿混のジャケットというと、多いのは、ナチュラル系とかカジュアル系での使用が多く、もっと粗野な風合いが主流だ。

通常の国内アパレルだと、ウールポリエステル混という素材が多い。


2、ウールブレンドチェスターコート

チェスターコートじゃなくて、チェスターフィールドコートだと何度言えば・・・・。

呼び名はさておき、定価12900円という価格は買いやすい。
素材組成はウール55%・ナイロン30%・ポリエステル15%で、この値段でこの組成なら、まあそんなもんだろうと思う。

69_402991





ユニクロの通常ラインのカシミヤブレンドチェスターコートが14900円であることを考えると、こちらの方が価格が安い。

69_400518






「カシミヤがブレンドされてるじゃないか」と言われるかもしれないが、カシミヤ10%混なんて入っていないのも同然である。

通常版はウール90%・カシミヤ10%の組成なので、2000円の価格差はウールの含有率の差と理解するのがもっとも正解に近いのではないかと思う。



3、カシミヤセーター

定価9990円で、通常のユニクロ版と同じくらいの価格。
見た目もベーシックで普通。
可もなく不可もないという印象。


では次に個人的には絶対に買わないものを挙げてみる。

1、ウールブレンドシャツジャケット

画像だとハウンドトゥース柄(千鳥格子柄)のツイードっぽく映っているが、実際はかなり密度の甘い生地を使用している。
シャツジャケットと名乗っているくらいなので生地は薄い。

01_404074





素材組成はウール70%・ポリエステル30%で、着る季節に困る。
真冬だと寒すぎるだろうし、今の時期だと暑すぎる。
当方の体質でいうなら、最高気温が20度前後で湿度は50%以下のときに着用するのが最も適していると思うのだが、そんな時期は年間に何週間もない。

もっと暑くて湿度が高いか、もっと寒いかのどちらかの日が多い。

そして、何より嫌なのが、袖に裏地がないことである。

この生地は密度が甘くてコシがないわりに、少し起毛感があり、摩擦力が高い。
要するにセーターやトレーナーの上から着用するときには袖のすべりが悪いということになる。
袖のすべりが悪い上着を脱いだり着たりするのはひどいストレスになる。

値下がりしても絶対に買わない。

ユニクロは以前にもこれに近い商品を作ったことがある。
ウールが高騰していた2012年とかそのあたりだったと記憶している。
その当時はシャツジャケットではなく、ライトジャケットと名乗っていたが、商品の作りはいわゆる芯地などを省いたシャツジャケットである。

IMG_3361




おそらく、ウールの価格が高騰していたために、ウールの使用量を抑えた商品として開発されたのだと思う。
素材組成はウール100%で、ウールガーゼ生地に起毛加工を施し、それらしく見せている。

が、かなり薄い生地なのでこれも着る時期を選ぶ。
その中途半端さがたたったのか、最終的に1990円とか990円に投げ売りされていたので、思わず買ってしまった。

しかし、このライトジャケットはイネスのシャツジャケットより優れている。袖にポリエステルの裏地が貼り付けられているところである。

だから厚手のセーターの上から着用するときにも袖のすべりが良いし、着脱がスムーズである。

この点が気に入っていまだに捨てずに残している。

今回のイネスラインの中で最も劣っていると個人的に見ているのがこのシャツジャケットで、ライトジャケットよりも作り方は劣化している。
これを9990円で買うことはあり得ない。むしろタダでも要らないくらいだ。

2、ツイードジャケット

画像を見る限り、すごくかっこよく見える。
しかし、実物はそれほどでもない。

素材組成はウール80%・ナイロン20%でシャツジャケットと同じくかなり糸の密度が低いツイード生地を使っている。

08_402988



画像はかなりしっかりした生地に見えるが、実際はそんなことはない。
かなり甘くてコシがない。

従来のツイードを想像して触るとがっかりするだろう。

これも2005年ごろだが、ユニクロは店舗限定でツイードジャケットを作っていた。
このころのユニクロのツイードはイネスジャケットよりも糸の密度が高い。

IMG_3362




だから今でも持っていてたまに着用する。
ただし、このころのジャケットはディオールオムの影響が全盛だった時期でかなりシルエットがタイトである。そのため、ジャケットの下にセーターが着にくい。

だが、このイネスのジャケットと比べると物がしっかりしているので、肥満しないように気を付けながら着用したい。

定価9990円は微妙だ。まあ、シャツジャケットよりはずっとマシだが。

このほかのアイテムは可もなく不可もなくというのが個人的な見方である。

シャツも普通、ネルシャツは生地が薄めで重ね着には適している。
ネルシャツと言っているが、本当は起毛加工を施したビエラ素材のシャツというべきである。
ほとんどのブランドがわざとなのかそうでないのかわからないが、ネルと起毛したビエラを混同して使用している。

コーデュロイジャケットとセットアップのパンツも見た目重視なら買っても良いかもしれない。
ただしノンストレッチなので細めのシルエットのズボンはちょっと動きにくさを感じるだろう。

ウールブレンドジャケット(紺ブレ)と対になるセットアップ用パンツもノンストレッチである。しかも細身シルエットだ。

ストレッチ素材に慣れてしまったので、ノンストレッチの細身シルエットのズボンは投げ売りされても絶対に買わない。タダでも要らない。


今回のイネスのメンズラインは、見た目は良いが、当たりはずれが大きいので、総合すると100点満点中で、50点というのが個人的な意見である。




noteで有料記事を始めてみました~。

鎌倉シャツのビジネスモデルが秀逸なポイントを考えてみた
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/na76c612e6d37


あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/









ユニクロ対ZARA
齊藤 孝浩
日本経済新聞出版社
2014-11-20

今夏の半袖Tシャツの出来はライトオンの圧勝だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 今夏の半袖Tシャツの出来はライトオンの圧勝だった
 今年7月は1枚も半袖Tシャツを買わなかった。
すでにタンス在庫が多数あるのと、価格的にあまり値下がりしていなかったこととの両方の理由がある。

8月になって3枚買った。
今日から9月に入ったが、関西は例年だと10月半ばまで暑いので、もう一段値下がりした半袖Tシャツを2~3枚程度買ってみようかと思う。

もとより高額店には出入りしておらず、低価格店のみの店頭巡回の感想だが、メンズの半袖Tシャツに限っていえば、ユニクロ頼みになる必要もなかったというのが今年の感想である。

【ジーユー】

第3四半期決算が、減益となったジーユーだが、今春夏のメンズ商品は全般的にあまり良いとは言えない。デザインがいまいちだから、今までの「安かろうそれなりだろう」というブランドに逆戻りしたように見える。

これでは売れなくて減益になって当然ではないかと思う。

【ユニクロ】

ユニクロだが、ポケット付きビッグシルエットTシャツのVネックが790円に値下がりしていてお買い得である。ビッグシルエットが気にならない方は790円でなら買うべきである。

通常ラインとは異なり、比較的太番手の糸を使ってしっかりした編地でできている。
今夏のユニクロのTシャツで個人的に合格点に達しているのは、このポケット付きビッグシルエットTシャツのみである。

あとの通常のグラフィックTシャツは、グラフィックがいまいちダサいことに加えて、生地が頼りない。それなりに太い番手の糸で編んでいるのだが、ハリがないというか、ヘニャっとしているというか、そんな感じである。

2011年に綿花が史上最高値を記録し、2012年から2年間くらいは、ユニクロをはじめとして全ブランドで綿花の含有率を下げた製品が増えて、生地のクオリティが著しく劣化した。

ポリエステル混も多かったし、綿100%でも生地がペラペラになった。

そこからの影響がまだ残っているのかもしれないが、ユニクロの通常ラインのグラフィックTシャツは生地のコシがないという感じが続いていて、これはいわゆる「目付を軽くした」ということなのだろうと見ている。

だから990円に値下がりしてもそんなもんだろうと思うし、買うのなら590円とか500円に下がってからでないと嫌だ。

ユニクロの半袖Tシャツに関しての個人的評価は以上だ。
買うとしたらポケット付きビッグシルエットTシャツの値下がり品くらいで、通常のグラフィック半袖Tシャツは500円程度に値下がりしたのを1枚買うかどうかである。多分買わない可能性が高い。


【ライトオン】

個人的に今夏、もっともよかったと思ったのがライトオンの半袖Tシャツだ。
自社ブランド「バックナンバー」の商品だ。
ここでは2枚買った。もちろん値下がり品だ。

IMG_3303



IMG_3307



切り替えTシャツを2枚買ったのだが、これいずれも別色の生地を3枚、5枚とパッチワーク的に縫っている。

しかも生地はそれなりに「目付が重い」ようで、密度を感じる。
おまけに汗ジミ防止加工も施されている。

定価1990円も十分にコスパが高いが1490円に値下がりしているのだから、かなりコスパが高い。

また、縫製に手間がかかるためか、このデザインはユニクロには並んでいないから、ライトオンとしての差別化もできている。

もちろん、生地の組み合わせパターンはきちんとマニュアル化されているが、それでも通常のTシャツを縫うよりも縫製の手間がかかる。
また、生地のロス率も通常のTシャツよりも高い。

なるべくロスが出ないように生地の組み合わせ方は考えられていると思うが、それでもロスはゼロではない。絶対に捨てるしかない切れ端が生まれる。

この2つのコストアップ要素を抱えながら定価1990円、値引き後1490円というコストパフォーマンスの高さは素直にすごいと思う。

そのほか、レインスプーナーとライセンス契約したプリントTシャツが990円に値下がりしていたり、カリフォルニアコットンの厚手生地Tシャツが990円に値下がりしていたりと、Tシャツのお買い得感はライトオンがジーユー、ユニクロに勝っていると感じる。

しかも1490円の切り替えTシャツは2枚で2500円、990円Tシャツは2枚で1500円とまとめ買いの値引きが半端ではない。

しかし、逆にライトオンはTシャツのバリエーションが多すぎてわかりにくくなっていることと、その商品の良さ、お買い得感があまり消費者に上手く伝えられていないところに永遠の課題がある。

バリエーションの多さ、お買い得感を上手く消費者に伝える方法がいつまで経っても確立できない。


話は少しそれるが、消費者はお買い得商品を良く見分けていると思う。

このライトオンの切り替えTシャツは1490円に値下がりしたとたんにかなり激しく売れてしまい、あっという間に特定のカラーとサイズが品切れになっていた。
あべのキューズモール店とヨドバシカメラ梅田店の両方を探したが、品切れになったカラーとサイズが多かった。

定価の間はほとんど動かなかったにもかかわらず(店頭定点観測による個人的見解)、500円値下がりしたとたんに、品切れになってしまったことに、消費者のお買い得品を見分ける力はかなりのものだと感心した次第だ。

下手なアパレルのバイヤーやら、無能な企画担当者よりも的確にお買い得品を見抜いているのではないかとさえ感じる。

無印良品では、太番手ボーダー柄Tシャツを1枚買った。
これも30%引きになったとたんにほぼ完売してしまった。

IMG_3206




やっぱり、消費者はアパレルのそこら辺の無能なバイヤーよりも目利きができると感じる。

まあ、そんなわけで9月に買うとするならライトオンの990円Tシャツを2~3枚買って、ユニクロで値下がりしたポケット付きビッグシルエットTシャツを1枚買うくらいだろう。



noteで有料記事を始めてみました~。

鎌倉シャツのビジネスモデルが秀逸なポイントを考えてみた
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/na76c612e6d37


あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/











「原価率50%」という思想はダイエーやユニクロの延長線上にある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 「原価率50%」という思想はダイエーやユニクロの延長線上にある
 最近の報道を見ていると、トウキョウベースのブランドコンセプトは「原価率50%」じゃないかと思えてくる。(笑)

ブランドを確立するうえで真っ先に出てくるのは「高原価率」というのはどうなのだろうか。
それはファクトリーブランドや職人系のブランドの立ち位置ではないか。

似たようなブランドコンセプト(笑)にファクトリエがある。
こちらは疑似ファクトリーブランドを目指しているのだから、それはそれで良いのかもしれない。

ところで、国内外の低価格ブランドにやられっぱなしのアパレル業界人はこのブランドコンセプト(笑)に共鳴する人が多いように感じるのだが、実はこの考え方も、グローバル低価格ブランドは置いておいて、ユニクロやかつてのダイエーの思想の延長線上にあるといえる。


創業当時のダイエーやそれ以降の大手スーパーマーケット(GMS)の本来の思想は「良い物を買いやすい値段で提供する」である。97年ごろから飛躍的に売上高を拡大したユニクロも同じ考え方である。

バブル崩壊、リーマンショックで痛手を被った百貨店や百貨店と一体となったアパレル各社は、売上高低迷によって、原価率を切り下げ、商品の品質を下げている。
百貨店を販路とする某上場アパレル(あまり話題にならないマイナー企業)は2010年以降、秋冬のセーターの原価率を18%まで切り下げている。それでいて販売価格は据え置きか少し上げている。

で、これに対するアンチテーゼがトウキョウベースであり、ファクトリエであるといえる。

店頭販売価格こそ違うが、根本的な考え方はユニクロや創業当時のダイエーと同じで「良い物を買いやすい値段で提供する」である。

かつてのような高額素材をふんだんに使い、それを高額で販売するきらびやかなファッション業界が再現できるようなことは、今後ありえないと個人的には見ている。
ラグジュアリーブランドへのむやみなアホみたいな崇拝も2008年以降鳴りを潜めてしまったから、日本も欧米と同じく分相応な消費をする成熟社会になったといえる。

さて、こういう流れを見ていると面白い。
今日のアパログで「小売りの輪」という理論が紹介されている。

http://www.apalog.com/kitamura/archive/706

 マルコム・P・マクネアによる「小売の輪」理論(1957年)は、グランドセオリーとして引用される機会は多くはないが、ときおり私の頭をかすめる重要なフレームワークだ。

 追随業者が次々に参入し、価格競争がより激しくなる。

 価格だけでは武器にならなくなり、価格以外の付加価値(品揃え、設備やサービス)を増した競争が展開される。時間とともに人件費増加、規模の拡大によって本部費などの経費が増加、結果的に薄利多売から高粗利路線へと転換せざるを得なくなる。

 革新的な小売業者が既存のマーケットにローコスト、ローマージンの価格競争で市場参入しシェアを奪う。(価格が上がってきたところで、別の新しい革新的小売業者が誕生し、価格競争で市場参入してシェアを奪う。)

 以上のサイクルが、どこを始点にするわけでもなく終点にするわけでもなく、延々と回り続けるというのが小売の輪だ。


とまとめられている。

「良い物を安く」という思想がダイエーをはじめとするGMSを生み、同じ思想のユニクロが衣料品分野で参入し、GMSのシェアを奪った。今後、ユニクロがワークマンやドン・キホーテの自社企画衣料品にシェアをいくらか蚕食される事態が起きるだろう。

さらにその後、そのころには当方は死んでいるかもしれないが、ワークマンやドン・キホーテも新規参入業者に侵食されているかもしれない。

百貨店ブランドや大手セレクトショップへのアンチテーゼとしてトウキョウベースやファクトリエがあると見ているが、これとていずれ、さらなる新規参入業者に侵食されるか駆逐されるかしてしまうだろう。

例えば、先ごろ、ニトリがアパレル業界への進出を発表した。
具体策は何も発表されておらず、時期的にもいつ頃になるのかもわからないが、これも実現すれば、小売りの輪の一つで、新規参入業者が価格競争を仕掛ける事例になるだろう。

そのとき、ユニクロやジーユーがどれだけ侵食されるのか、もしくは他の低価格ブランドが駆逐されてしまうのかはわからないが、消費者が年間に買い物できる総額は決まっているのだから、他社からシェアが幾分か奪われるのは当然といえる。

そう考えると、高価格を維持し続けているラグジュアリーブランドの努力というものは、好き嫌いは置いておいてすさまじいものがあるといえる。

ブランドビジネスの本質は

「1円の物を1万円で売る」

ことにあり、それが支持されるのは、雰囲気でありブランドの歴史であり、店舗内装の見事さであり、ショッパーのかっこよさであり、販売員の接客応対であり、修理体制の整備によってである。

決して原価率の高さではない。

小売りの輪の中で勝ち続けることも容易ではないし、ラグジュアリーブランドへと昇ることも容易ではない。そういう厳しい世界の中で、日々もがき苦しんでいるのが我々だということになる。



noteで有料記事を始めてみました~。

鎌倉シャツのビジネスモデルが秀逸なポイントを考えてみた
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/na76c612e6d37


あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/









記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード