南充浩の繊維産業ブログ

ファッションブログ・・・・と言いたいところだけれどもそこまでファッションに特化していないし、能力的にもできない。そこで繊維製造業、産地、アパレルメーカー、小売店など幅広く繊維産業全般についてぼちぼちと書きます。たまにマスコミ、経済問題についても書く予定。よろしくお付き合いください。 お仕事の依頼は minami_mitsuhiro@yahoo.co.jp まで。

繊維業界新聞の記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下まで担当。 同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。 現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

ファッション雑誌は基本的に無責任。だから読者が離れた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ファッション雑誌は基本的に無責任。だから読者が離れた
 以前から変わっていないのだが、ファッション雑誌はけっこう無責任である。
だからこそ、信用を失って部数が急落しているといえる。

これまで、メディアが紙媒体しかなかったときは、そこからしか情報が得られないので、多くの人が買っていたが、ウェブメディアが発達し玉石混交とはいえ、正確な情報が得られるようになると途端に部数が低迷するようになった。

先日、こんなエントリーがあった。

うっかりトレンドの服を買ったら、1年後に「ダサい」と全否定されますよ
http://t-f-n.blogspot.jp/2017/07/fashion-trend.html

どういう内容かというと、チェックシャツ+ボーイフレンドジーンズの「ゆるカジ」を某女性ファッション誌が全否定していたというものである。

スキニージーンズがベーシックアイテムとなって普及してしまった3年くらい前から次の提案として、少し緩いシルエットのボーイフレンドジーンズが提案された。
ユニクロでも売られていたくらいだからマスアイテムとなったといえる。

去年あたりまで、ファッション雑誌各誌は、ボーイフレンドジーンズや腰回りにゆとりがあって裾が細くなったテイパードジーンズを推奨していた。

そこにチェックシャツを合わせて緩いシルエットのアメカジを作ろうというのがファッション雑誌の提案だった。
ゆるいカジュアルだから「ゆるカジ」。

まあ、何を提案しようとそれはメディアの仕事なので構わないが、去年まで誌面が一押ししていたスタイルをいきなり全否定するのはいかがなものか?というのがこのブログ主の主張であり、それはその通りである。
ファッション雑誌はあまりにも節操も信念もない。

画像をお借りする。

Screenshot_20170703-194755



「こなれて見える」と信じていたけれど、その「ゆるさ」、私たちの本当に必要だった?

​ 「ときに味気なく見えたり、実際よりスタイル悪く映っていたり」



Screenshot_20170703-194800のコピー





なんて一文も誌面にはあるらしいが、「必要だった?」と問いかける前に、なぜ己らがそれを消費者に提案し続けたのかを説明し、違っていたなら謝罪・反省・訂正すべきである。
というか、己らは何をもって「読者に対して必要だと思って提案した」のか?
その理由を説明せねばならない。
何を誤魔化そうとしているのか。


こういう姿勢だからファッション雑誌は信用を失って部数が低迷するのである。
まあ、ファッション雑誌に限らず、紙を主体とした旧メディアの多くは同じく無責任である。


このブログ主は、トレンド変化はアパレルのビジネスモデルなので仕方がないと総括しておられるが、この部分は少し異議がある。
もちろん、トレンド変化はアパレルのビジネスモデルであることは異論はないが、ファッション雑誌はそこまでアパレル企業とは密接ではない。


もちろん、広報・プレスとは密接だが、商品計画や経営計画にタッチできるほどファッション雑誌は関係が密接ではないし、ファッション雑誌編集部や出版社にそこまでの知見もノウハウもない。


この急激な手のひら返しはひとえに、低迷するファッション雑誌自身が売りたいための戦術なのである。
そう、戦略ではなく戦術。大局ではなく、局地戦の小手先の術策でしかない。
そこにアパレルのビジネスモデルへの考慮などはない。ただひたすら自社の雑誌が売れれば良く、しかも「今月だけでも売れれば良い」という極小規模の局地戦向け戦術でしかない。



ここまで極端ではないが、こういう手のひら返しはファッション雑誌には昔からあった。
以前にもこのブログで書いたことがあるが、2000年ごろの「メンズクラブ」では、「ミリタリーカジュアルアイテムのカーゴパンツを穿きながら、ビジネス向けのネクタイを締めるのはNG」とあった。
それが3年後くらいには、「カーゴパンツを穿いてネクタイを締めるのが新しい」と書かれてあって、おいおいあの強硬な主張はなんだったのかと驚いたことがある。

ただ、メンズクラブはこの女性誌のように、前スタイルを全否定まではしていなかったので、それなりに品格のある態度だったといえる。


ファッション雑誌の多くは、部数が低迷してますます「売らんがため」の刹那的な取り組みが増えている。
「某タレントを表紙にしたから今月号は完売しました」というニュースがあるが、それはその号だけで、来月号以降はいつもの部数に逆戻りでしかない。

一時期、オマケ付き商法が効果を発揮したが、他誌に追随されれば元の木阿弥である。
オマケ付き商法というアイデアを考え出したことは素晴らしいが、いずれは他誌にも真似をされる。
そうなれば、あとは同じで、オマケ競争に走るか、全誌そろって部数を落とすかしかない。


売らんがために、内容も見出しも刹那的に走り、それがさらに読者からの信用をなくすことになる。


こういう場当たり的な女性誌の姿勢を見ていると、好き嫌いは別にして十年一日のごとく、「モテオヤジ」を特集し続ける「Leon」や、ミリタリー・ヘビーデューティを特集し続ける「ライトニング」、なんとかの一つ覚えのようにハリウッドスター的カジュアルを提案し続ける「サファリ」、などの男性ファッション雑誌の方がはるかにコンセプトがはっきりとしていて、ブレない媒体姿勢には好感が持てる。


この手の女性ファッション誌は今後ますます低迷するだろう。




インスタグラム始めました~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/




















いつの間にかブランド終了していた「パンツワールド」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - いつの間にかブランド終了していた「パンツワールド」
 先日、ふと思い出して、「パンツワールド」を検索したところ、ブランド自体が終了していた。
ブランドが終了するということは、売上高が厳しく不採算だったということである。

この「パンツワールド」というのは、ハニーズが開発した新業態で、メンズとレディースの低価格カジュアルパンツ専門ショップで、2013年春からスタートした。

終了したのがいつ頃なのかはっきり知らないが、2017年7月に検索したところブランドとして存在していなかったので、長くても4年間、短ければもっと早い時期にブランドが終了していたと考えられる。

中心価格帯は1900円で、チノパンのようなカジュアルパンツが主体の品ぞろえだった。
もちろん、ハニーズなのですべて自社企画商品であり、ここで展開していた商品はミャンマーの自家工場で製造されたものだとメディアでは伝えられていた。

実は興味があって、2013年春には実際に店頭も見に出かけた。

当時、大阪では、「なんばwalk」という地下商店街に新店をオープンしていた。

目測では20坪未満の店に、メンズとレディースのチノパンが並べられていた。
中心価格帯は1900円だが、1900円を下回る価格のパンツもあった。

当時の印象だけでいうと、売れるのはかなり難しそうだという印象だった。

なぜなら、チノパン、それに類した綿パンしか品ぞろえがなく、定期的に買うには難しいと感じた。
また、カラーチノパンなどもあったが、当時並べられていたカラーはトーンや色彩がビミョーなものが多く、購買意欲をまるでそそらなかった。

低価格ブランドについては、賛否両論あるが、売れている低価格ブランドのほとんどは、

「値段の割に商品が良い」「値段の割にファッション性が高い」

というものだが、残念ながらパンツワールドの商品にそれらは感じられなかった。
お値段通りという感じで、これなら大型スーパーの平場に並んでいるカジュアルパンツとあまり変わらないというのが当時の印象だった。

また、通常、パンツ類はトップスに比べて購買頻度・購買枚数が少ない。
店からすると回転率が低い。

どこのショップで習ったのか忘れたが「トップス3枚~4枚に対して、パンツは1枚の割合で消費者は所有する」という法則があるらしい。

これは各人の所有する洋服で考えてみても当たらずといえども遠からずではないか?

となると、パンツ専門店での購買頻度・来店頻度はトップス売り場を併設している店に比べると必ず低くなる。

おまけに1900円前後という低価格だから、当然利益額は小さい。

購買頻度が低く、1人あたりの購買枚数が少ないのだから、全店舗・ブランド全体での売上高も低くなるし、営業利益額も低くなる。

そうなれば、大阪・難波の地下商店街での家賃さえ支払うことが厳しかったのではないかと考えられる。

難波だけでなく、他の都心の繁華街に出店した店舗はすべて同じだったのではないか。

ハニーズは年間100店舗ペースで出店し、中期的には400店舗体制にすることが目標だと、2013年当時には報道されているが、いずれも当然のことながら未達に終わった。


それにしても、2010年代で「パンツワールド」という屋号は、かなりダサいと感じる。
実は先日、ある専門学校でパンツワールドのことを紹介したところ、学生たちが「クスっ」と笑った。
たしかに、声に出して発音してみると本当にダサい。

文字で書くよりもダサく感じる。

文字で書いてても十分にダサいのだが。

反面、わかりやすい。
一発で「パンツ」の店だなとわかる。

わかりやすいが、低価格パンツ専門店というのは、それこそ需要自体が少なかったのではないかと思う。

パンツの購買枚数の少なさ・購買頻度の低さ・所有枚数の少なさを考えるとわかるが、それ以上に、低価格カジュアルパンツというのは、他の低価格ブランドに内包されている。
逆に他の低価格ブランドだと同じ売り場にトップスが並べられているので、コーディネイトが組みやすいから、単品売り場よりも売れやすくなる。

このほかに感じたことは、あまりにもメディアに登場しなさ過ぎた。
これでは知名度も高まらない。

そもそもハニーズという会社自体が取材嫌いなのかあまり報道されない。
せっかくミャンマーに自社縫製工場を作ったのに、ひどい場合だと、業界の人でも知らないことがある。

縫製工場を所有した「真のSPAブランド」なのだから、ハニーズはもっとそのことをアピールしても良いのではないかと思う。



インスタグラム始めました~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/












塩が白く噴き出るTシャツとそうでないTシャツの違いがわからない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 塩が白く噴き出るTシャツとそうでないTシャツの違いがわからない
 今日は単なる愚痴である。

7月に入ってからさっそく、最高気温34度という日があった。
暑さが苦手なのでなんともつらい。
空気が熱いということ自体が耐えがたいほど不快だし、汗っかきなので、四六時中ずっと髪の毛が濡れて、襟足を汗が流れているという状態が不快である。

で、中高年男性はけっこう汗っかきの人が多いから、先日「嫌な季節が始まりましたね」という会話で盛り上がった。

お互いの悩みの種は、「着る服を厳選する必要がある」ということ。

大量の汗をかくので、薄グレー、ミディアムグレーはまずダメだ。
常にボトボトに濡れているのが丸わかりでみっともない。

水色やピンク色なども同様である。

汗で濡れていても比較的目立たないのは経験上、白、紺、黒の3色である。

ただし、白は生地が薄いと濡れてスケスケになるからこれもまたみっともない。
近年は生地の薄いTシャツ、ポロシャツが増えているから、そういう白は1枚では着用できず、タンクトップやグンゼYGカットオフなどと重ね着する必要がある。

6オンス以上の分厚い生地でない限り、白は濡れるとスケスケになる。

イケメンなら良いだろうが、50歳手前のオッサンでは見せられる方も迷惑である。

紺と黒は少々薄い生地でも濡れてもスケスケにはならないが、こちらはこちらで困ることがある。

大量の汗をかくと、乾いたときに生地に白い塩の結晶が残ってしまうことがある。

今まで、いろいろな紺色、黒色のTシャツを着用してみたが、塩が残る商品とそうでない商品がある。
この因果関係はよくわからない。

もし、ご存知の方がおられればぜひともお教えいただきたい。

生地の厚さは関係がないようだ。

ぶ厚い生地でも塩が残る商品もあるし、薄い生地でも塩が残らない商品もある。
組成もあまり関係がないようだ。
綿100%でも残る物もあれば残らない物もあるし、ポリエステル混でも残る物もあるし残らない物もある。

また、吸水速乾素材でも塩が残る物もある。

この差は何だろう?よくわからない。

業界のベテランにも折に触れて聞きまわっているがわからない。

この謎が解明できれば、紺と黒のTシャツ、ポロシャツを買う際にも随分と失敗がなくなるのではないかと思う。

汗で濡れているより、塩で白くなる方がみっともない。

例えば、この無印良品の紺のフェイクレイヤードポロシャツ。
生地は鹿の子ではなく、通常のTシャツみたいな生地である。
多分5オンス未満の薄さではないかと思う。

IMG_3136





買ったのはもう5年以上前で、今時このフェイクレイヤードっぽいデザインはちょっと流行遅れで着用にはためらいを感じる。

しかし、どんなに汗をかいても今まで塩が噴き出たことがない。
だからついつい着用してしまう。
まあ、50歳手前のオッサンだから流行遅れの服を着ていてもそんなに問題はないだろう。

こんな感じで、何度か着用してみて、塩が噴き出ないことを確認してから、レギュラーとして着用するようにしているが、こればかりは実際に着用してみないとわからない。

汗をあまりかかないという羨ましい人や、通勤以外はほぼ内勤でそれほど汗をかかないという人は、そこまで深刻な悩みではないだろうが、外回りをしたり外で作業をしたりする人は、塩が噴き出るというのは結構深刻な悩みではないかと思う。

夏に向けた機能商品は様々発売されている。

一番多いのは吸水速乾だろう。
続いては消臭だとか防臭ではないか。
あとは着た瞬間だけヒヤっとする接触冷感というのもある。

しかし、根本的な「暑さ」は解決できないし、汗は止まらない。

最近は汗で濡れているのがわからないという「汗ジミ防止加工」のTシャツやポロシャツが各社から発売されている。

実はこれが現段階では、もっとも夏に適した機能商品ではないかと思う。

今日も最高気温は31度になるらしいので、塩の噴き出ない服を選ぶしかない。
やれやれ。



インスタグラム始めました~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/












PR





記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード