南充浩の繊維産業ブログ

ファッションブログ・・・・と言いたいところだけれどもそこまでファッションに特化していないし、能力的にもできない。そこで繊維製造業、産地、アパレルメーカー、小売店など幅広く繊維産業全般についてぼちぼちと書きます。たまにマスコミ、経済問題についても書く予定。よろしくお付き合いください。 お仕事の依頼は minami_mitsuhiro@yahoo.co.jp まで。

繊維業界新聞の記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下まで担当。 同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。 現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

三越伊勢丹の社長解任劇で感じた百貨店従業員の認識の甘さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 三越伊勢丹の社長解任劇で感じた百貨店従業員の認識の甘さ
 三越伊勢丹ホールディングスが杉江俊彦・次期社長の会見を行った。
出席していないので、それについて書かれた記事を読んだ感想をまとめてみたい。

ちなみに三越伊勢丹ホールディングスの次期社長は決まったが、百貨店事業を手掛ける三越伊勢丹の次期社長はまだ決まっていない。

各報道とも言葉遣いや書き方には違いがあるが(書いている人が違うため当たり前)、論調はほとんど同じだ。

三越伊勢丹、トップ交代で明示された「進路」
杉江次期社長「私は構造改革を優先する」
http://toyokeizai.net/articles/-/162603

社長辞任の三越伊勢丹、新トップは「大丸流」 数値・利益重視の経営目指し、不動産事業にも意欲
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/031300619/?rt=nocnt

東洋経済オンラインと日経ビジネスオンラインの記事だが、論調はほぼ同じだ。

主要な骨子となる要素を箇条書きで挙げてみる。

1、杉江次期社長は、大西社長を支えてきた人物で大西路線を「基本的には」踏襲する
2、始まっている新規事業は当面継続するが、着手していない新規事業は再考する
3、構造改革、人件費削減を優先して進める
4、マネージメント層、管理職、役員との対話を優先する
5、おそらく百貨店事業は大西時代より重視されない

ということになる。

賛否はあったが、大西社長が新規事業を積極的に立ち上げたのは、各識者が指摘しておられるように、大規模なリストラを回避する目的があったと見られている。

百貨店という事業に人一倍の愛着を持っていた大西社長は百貨店事業を存続させるために、新規事業を多数立ち上げて事業の多角化を実現し、愛着のある百貨店事業を守ろうとしていた。
よく引き合いにだされるJフロントリテイリングは、「脱百貨店」を掲げており、各店舗内の百貨店従業員をかなり削減し、ユニクロやアダストリアなど従来百貨店には適さないとされていた低価格ブランドをテナントとして入店させている。

つい先ごろは栄の松坂屋にもヨドバシカメラをテナント入店させた。

大西社長はそのような「脱百貨店」はしたくないということを再三、過去のインタビューでも答えていたし、筆者が昨年行ったインタビューでも繰り返していた。

今回の電撃解任の理由は、労働組合とそれに同調した役員、管理職などによるものだとされていて、彼らの反発の原因は

1、相次ぐ新規事業の立ち上げによる労働強化
2、機関決定されていない地方店の縮小や業態転換などに言及した
3、地方店の縮小や業態転換への発言をリストラ解雇が始まると理解してしまった。(実際は誤解)

とされている。
個人的には、これら以外にも大西社長の持論である「スピード感重視」「危機感の強制」ということへの情緒的反発もあったのではないかと想像している。

大西社長のいう「スピード感」というのは、なんでも「早くやれ」「すぐに結果を出せ」ということではなく、即断即決、意思決定の速さ、行動に移るスピードアップということが主眼だったが、そこも誤解された部分もあるのではないか。
また、「危機感の強制」というのは、大西社長の百貨店事業への危機感というのは相当強く、筆者は「生え抜きでここまでの危機感を持つのは珍しい」と感じたほどである。

実際に、従来通りの百貨店事業を存続させようとすると、かなり難しい状況にあるし、生半可なことでは存続させることは難しい。今後は、大手百貨店も淘汰されることは目に見えており、例えば、そごう西武の決算はかなり追い込まれている。

すべてを捨てて「脱百貨店」をする必要はないが、百貨店事業を存続させるためには「何か」は変革しなくてはならなかった。

大西社長の立ち上げた新規事業や施策がすべて正しいとは思わないが、これまで通りのやり方では活路がなかったのは間違いない。

今回の電撃解任、次期社長の会見を見て感じることは、百貨店従業員の認識は恐ろしく甘いということである。
また、大西社長を引きずり降ろしたがために逆に構造改革・リストラが始まることになってしまっており、従業員側からすれば、なんというバカげた結果になっているのだろうと呆れてしまう。

ぬるま湯で保守的な体質な百貨店従業員は、急激な変化に反発を感じ、その元凶だと感じた大西社長を引きずり降ろしたが、それがかえってリストラを始めるきっかけになってしまうという結果になった。
今頃、彼らはどういう思いで次期社長の会見や一連の報道を眺めているのだろうか。

リストラを回避させるために行った解任劇がリストラ開始の引き金になっているという構図は、外野から見れば喜劇以外何物でもない。

先ほど挙げた日経ビジネスオンラインの記事にはこんな一節がある。

社内からは「経営者のタイプが変わったとしても、事業構造としてJフロントのような企業にはなるべきではなく、百貨店らしさを追求するべきだ」という声も聞こえる。

もうアホらしくて失笑を禁じ得ない。

百貨店らしさを追求したいのであれば大西社長を引きずり降ろすべきではなかったのである。
大西社長は「百貨店らしい百貨店」の存続を目指していた。計数に強い新経営者になれば、採算性の低い業態の在り方を変えられるのは当然だろう。

その程度の判断もできず、目先の現象のみに反発していた百貨店従業員というのは、本当にぬるま湯体質で危機感が欠如している。今回の一連の騒動でそれが明確に浮かび上がったといえる。

たしかに大西社長には対話や根回しが欠けていたかもしれないが、大規模リストラを回避し続けてきた。一方、次期社長は対話を重視する(と言っている)が、構造改革やリストラを先行させるのである。

従業員的立場に立つなら、どちらが自分たちにとって有利だったのか明らかではないか。

次期社長がいつごろから、どれくらいの規模で構造改革やリストラを行うのかは示されていないが、その時になって労働組合や従業員が「雇用を守れ」なんていう声を挙げてもナンセンスすぎて、外部からの支持は集まらないだろう。自分たちが望んで引き起こした結果である。

強いリーダーシップによるトップダウン方式の経営に激しい拒絶を見せた今回の電撃解任劇は、三越伊勢丹の「終わりの始まり」になるのではないかと、個人的には見ている。

















今春夏のユニクロのGジャンと手持ちのGAPのGジャンを比べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 今春夏のユニクロのGジャンと手持ちのGAPのGジャンを比べてみた
 今日もお気楽に。
ユニクロは基本的に火曜日と金曜日にお買い得品が発生する。
期間限定値引きはこのタイミングだし、入荷後一定期間が過ぎてからの値引きも火曜日に行われることが多い。

ユニクロの値下がり品をウェブで確認するのが毎週火曜日の習慣になってしまった。

2月17日に店頭投入されたユニクロUがさっそく値下げされている(期間限定値引きではなく)が、まだまだ下がるのではないかと思って華麗にスルーした。

今回買ったのは、定価3990円(税抜き)から2990円に期間限定値下げされたGジャンである。

このGジャンはストレッチデニム生地で、かなり生地が薄い。
往年のナショナルブランドのGジャンの愛用者ならきっと「許せん」と怒り出すレベルの薄さである。

ただ、ユニクロの商品だけではなく、全般的に各ブランドのGジャン、デニムシャツは生地が薄くなっており、オッサンたる自分はなんだか釈然としない部分もある。
もしかしたら、老害が始まっているのかもしれない。

無印良品も今春の新作として、ちょっと変わったデザインのGジャンを発売しているが、ユニクロと同じくらい薄手の生地でストレッチ混である。

とりあえず、店頭で試着してみて購入したのだが、どうも丈が短いと感じる。

ちょっとGジャンの変遷をおさらいすると、

その昔、90年代後半ごろまでは、丈が短くアームホールが広くて袖が太かった。
この形が似合うのは相当容姿・体型に恵まれた人に限られていた。

2003年・2004年ごろから洋服のデザインが細身にシフトすると、Gジャンも当然細身になった。
身幅も細くてアームホールも狭くなった。
その分、着丈が長くなった。
どうだろうか、4~5センチくらいは長くなったのではないかと思う。

昔のGジャンはズボンのベルトの上までしか着丈がなかったが、2000年以降のGジャンはベルトのラインが隠れるくらいに長くなっている。
Gジャンだけではなく、カジュアルブルゾンはすべて細く長くモデルチェンジした。

そういう2000年代のGジャンと比べて今回のユニクロのGジャンは丈が短く、昔の丈の長さくらいしかない。

これはトレンドに合わせたのだろうか。

5年位前に買った手持ちのGAPのGジャンと比較してみた。

コーンデニム使用と謳われたGAPのGジャンは定価が12000円くらいしたにもかかわらず、2900円くらいまで値下げされたので買った。記憶が定かではないがもしかすると1900円で買ったかもしれない。

生地は厚手で、ストレッチは入っていない。
触った感触だとどうだろうか、10オンスは越えているくらいの重量感がある。
11オンス~12オンスくらいの間の重さだと思うのだが、この重さは最近だとズボンくらいにしか採用されなくなっている。

ユニクロのGジャンはおそらく10オンス未満だろう。
一昔前ならデニムシャツ向けの生地として扱われたくらいの重さしかない。

ユニクロのGジャンを上にして重ねてみると、やっぱり4センチくらいは丈が短い。(画像参照)

IMG_2571_LI

(上がユニクロ、下がGAP 赤い矢印の分だけGAPの着丈が長い)



あと、着比べた感想でいうと、同じLサイズながらGAPはかなり細身でタイトなシルエットだが、ユニクロは身幅とアームホールにゆとりがある。昔のGジャンに近いシルエットとなっているが、もちろん昔のままではない。

シルエットとしてはGAPの方が好きだが、何ぶん、生地が重くて固いのでなかなか着用が難しい。

上にも中にも重ね着をすることが難しいので春と秋くらいしか着用機会がない。

しかし、春と秋も寒い日や暑い日が多く、いわゆる「春・秋らしい気温」が少ないので、さらに着用機会は少なかった。

かっこいいんだけど着用機会が少ないという何とも手に余る商品だった。

一方、ユニクロのGジャンは生地が薄いので重ね着しやすい。
とくに昨年秋冬に各ブランドが打ち出していたGジャンの上にコートを重ねるという着こなしは、この程度の薄さでないと無理になる。

生地が薄いから初夏までTシャツの上に羽織ることが可能だろう。GAPだと生地が厚いため、初夏に着ると暑くなり過ぎた。

そのあたりを考えるとユニクロの今春夏向けのGジャンの方が汎用性が高いのかもしれない。

色は濃紺ワンウォッシュにした。

あと、一つ気になったのだが、GAPのGジャンは肩のラインが前に付いているのに対して、ユニクロのGジャンはかなり後ろに付いている。パターンづくりのことは分からないのだが、これはどういう目的なのだろうか。
もし、詳しい方がおられたら解説していただきたい。

IMG_2569_LI

(肩のラインが前に付いているGAP)


IMG_2570_LI

(肩のラインが後ろに付いているユニクロ。前からでは肩のラインがほとんど見えない)


一概には言えないが、顔の汚い風采の上がらないオッサンが薄く色落ちしたデニムを着ていると、汚らしく見える場合が多い。濃紺はそれなりに綺麗に見える。
顔の汚い風采の上がらないオッサンである筆者は迷わず濃紺を選んだ。

それにしても、この年になると年々「固い素材」を使った服は着たくなくなる。
消費者には「重い服」を嫌う人は多いのだが、手に持ったときの重さと着用時の重さは実は正比例しない。
着用した場合、重さが肩幅に重量が分散するのでそこまで重く感じない場合が多い。

しかし、固いのは違う。いくら頑張っても固い物は固いままだ。

「オシャレは我慢」といわれるが、50歳手前になると最早、我慢するのも嫌になり、我慢するくらいならオシャレでない方を選ぶ。

デニム生地やメルトン生地、ツイードなどがどんどん薄くなっているのは原材料費のコスト削減という目的もあるのだろうが、なによりも「固い生地」を嫌う消費者が増えているからではないだろうか。

そんなわけでユニクロのGジャンでいろいろとコーディネイトを試してみたいと思う。









夏に一番最適なのは汗ジミ防止機能のTシャツ~夏が嫌いなオッサンより~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 夏に一番最適なのは汗ジミ防止機能のTシャツ~夏が嫌いなオッサンより~
 さて今日はお気楽に。

異様に暖かい日があったと思ったら、急に寒波が来たりして、春先の気温はまさしく三寒四温である。
ワールドのブランドではない。

関西では、東大寺のお水取りが終わるまでは毎年こんな感じで気温は変化する。
お水取りが終わるのはだいたい3月15日前後である。

今は寒い日もあるが、あと2カ月もすれば暑い日が増えて、確実に今年も夏が来る。
毎年、夏は憂鬱である。
夏という季節が嫌いだ。

まず、何もしなくても汗をかくから嫌いだ。
汗をかく量がおそらく、平均よりも多い。
汗をかくと乾いてからベタベタするし、服はずっと濡れたままなので不快指数100%である。

そして何よりも空気が熱いというのが嫌いだ。
少し冷たいくらいの空気の方が好きだ。

そんなわけで、夏は大量の汗をかくから嫌いで、これはどうしようもない。
裸になっても汗は止まらない。

夏向けに各社はさまざまな商品を発売してきた。
吸水速乾、防臭、汗ジミ防止、接触冷感などである。

結局、どれも夏の不快の根本を取り去ることはできない。
吸水速乾を着れば、濡れた服を着続ける不快感は多少軽減されるが、汗そのものが止まるわけではないし、Tシャツやポロシャツなどのように外着として着るなら、まだその効果は多少感じられるが、肌着として着ると、上に着るシャツやジャケットに吸水速乾機能がないと、結局はシャツやジャケットがボトボトに濡れてしまうことになる。

他人から見たら、シャツやジャケットが異様に濡れていてみっともない。

防臭はまあ、必要だと思うが、購買・着用の決め手としては弱い。
これがあるから買おうとか着たいとは思わない。

接触冷感は着用した瞬間はヒヤっとするが、そのうちに体温と外温で温まってしまう。

夏向けの理想的な商品は、吸水発熱と反対の「吸水冷却」機能ではないか。
ヒートテックは吸水発熱効果があり、汗を吸って蒸発するときに繊維が発熱する。
だから汗をかかないとヒートテックは原理的には暖かく感じない。

これと逆の機能で、「吸水冷却」があれば夏向けの衣料品にうってつけだと思う。
汗を吸って蒸発させる際に繊維の温度が下がるのである。
身体を冷やせば汗の出る量は減る。汗をかかずに済むのではないか。

しかし、現実にそんな商品は存在しない。
無い物ねだりをしても仕方がないから、筆者のように汗かきに一番適しているのは、汗ジミ防止機能ではないかと思う。

先日、ジョンブルの今春夏向けの展示会にお邪魔した。

新商品として「汗ジミ防止」Tシャツが出展されていた。
汗を吸っても表面には出てきにくい加工が施されており、Tシャツが汗で濡れても変色しにくいという機能がある。

IMG_2368

(ジョンブルの汗ジミ防止Tシャツ)



この「汗ジミ防止」機能のTシャツやポロシャツは、3年くらい前からあちこちのブランドで発売され始めており、ジワジワとそのブランド数が広がっている。

筆者が最初に買ったのは3年くらい前の無印良品で、Tシャツとポロシャツを買った。
もちろんバーゲンで値下がりしてからであることは言うまでもない。

翌年もTシャツを買ったのだが、昨年夏にはこの商品が店頭に並ばなくなって、残念ながら買い足せなかった。

昨年夏は、ジーンズメイトで「ゼロステイン」の名前でTシャツ、ポロシャツが売り出され、店頭をウォッチしている範囲内では、特定の色は売り切れていたのでまずまずの売れ行きだったのではないか。
価格もほとんど下がらずに秋まで売られていたので、製造原価がよほど高いか、売れ行きがそこそこ好調だったのではないかと思う。

もう少し下がったら買おうと思っていたが結局は値下げされずに買い逃してしまった。

今回はジョンブルでも発売されるので、もっと多くのブランドからも「汗ジミ防止」機能の商品が発売されるのではないかと期待している。
ユニクロかジーユーでもやってくれないかなあ。

結局、「吸水冷却」機能が実現できない時点で、どんな機能を付けても夏場に吹き出る汗は止められない。

吸水速乾は良い機能だと思うが、上に重ね着する物にもその機能がなければ意味が無い。
通常の肌着よりもシャツやジャケットには汗ジミが多く出てきてしまう。

となると、汗は止められないから、汗ジミを見せにくくするのが夏場に一番ふさわしい商品といえるのではないだろうか。

まあ、そんなわけで、今年の夏は汗ジミ防止のTシャツとポロシャツをもう少し買い足そうと思う。もちろん投げ売り価格で。(笑)
それにしても6月から9月末までの暑い期間は毎年憂鬱だわ~。









PR
PR

PR






記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード