南充浩の繊維産業ブログ

ファッションブログ・・・・と言いたいところだけれどもそこまでファッションに特化していないし、能力的にもできない。そこで繊維製造業、産地、アパレルメーカー、小売店など幅広く繊維産業全般についてぼちぼちと書きます。たまにマスコミ、経済問題についても書く予定。よろしくお付き合いください。 お仕事の依頼は minami_mitsuhiro@yahoo.co.jp まで。

繊維業界新聞の記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下まで担当。 同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。 現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

過剰な「モノづくり神話」を創作することは、かえって製造加工業者をミスリードする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 過剰な「モノづくり神話」を創作することは、かえって製造加工業者をミスリードする
 国内の繊維製造加工業者を鼓舞したいと考えるなら、それはすれば良いと思う。
しかし、その鼓舞の材料に「根拠に基づかない願望」「現実に立脚しない理想」を据えることは、却って製造加工業者をミスリードするだけで有害である。

海外一流ブランドがセールを一切しない理由
日本アパレルが疲弊した「構造的な原因」とは
http://toyokeizai.net/articles/-/167344

この記事は、いわば「理想郷」が語られており、それが現実に立脚していない点が問題である。

そもそも「海外一流ブランドがセールを一切しない」という前提自体が現実ではない。
コメント欄に「エルメスも本国では年2回セールをしている」とある。

それを裏付けるようなこんなブログもある。

1788話 パリSOLDES!これがHERMESエルメスのソルド!♪パリ ブログ
https://ameblo.jp/wanwancocococo/entry-12177105347.html

正規店舗では行わず、別会場で行われているようで、そこに出向いたレポートである。
別会場といえどバーゲンセールはバーゲンセールである。

東洋経済オンラインの記事で説かれているように、ルイ・ヴィトンが一流ブランドになったのは、単に「愚直に物作りに励んだ」とか「職人を大事にした」だけではない。
それは一要素であり、じゃあ、国内の繊維製造加工業者が「愚直に物作りに励んで」「職人を大事にした」のなら、その中からルイ・ヴィトンが生まれるのかというと、その可能性は極めて少ない。
個人的には可能性はゼロだと思う。

ミスリードを引き起こすと感じるのはそういう部分である。

LVMHが世界的ブランドになったのは、そもそもMHと合併し、不動産業も取り込んで、「ディオール」やらなんやらさまざまな高級ブランドを買収に次ぐ買収で巨大資本となったからだ。
巨大資本があるからこそ、販促、広報宣伝に潤沢な資金が投入でき、それゆえにブランドステイタスを向上させることができた。

今の国内の繊維製品の製造加工業者にそういう巨大資本が存在するのか。
ほんの一握りを除いては小規模零細企業ばかりである。
料金が数万円の業界紙へのお付き合い広告ですら出稿できないような財務内容である。

これでどうやってラグジュアリーブランドになれるのだろうか。

また、ルイ・ヴィトンというブランドは香水はそれほど有名ではないが、LVMH傘下の各ラグジュアリーブランドは香水が人気である。
香水は、ラグジュアリーブランドといえども価格がそれほど高くなく(2000~3000円で手に入る)、庶民でも買いやすい。おまけに洋服やバッグ類、皮革製品に比べて利益率がべらぼうに高い。
広くマス層に販売して高利益を得る、そういうビジネスモデルを確立している。

単に「愚直に物作りに励んだ」だけではない。

本当に製造加工業者を何とかしたいのなら、そういう「儲け方」もレクチャーすべきではないか。

マラソンでも水泳でも熱心に練習をすればほとんどの人がそれなりの距離を走れたり泳げたりするようになる。
4時間とか6時間で42・195キロを走れるようになるだろう。

しかし、2時間6分台で走れるようにはならない。そこには天性の才能が必要になるからだ。

今の国内の製造加工場に「物作りに励めばルイ・ヴィトンになれる」とサジェスチョンするのは、47歳のオッサンに対して「毎日、練習すれば必ず2時間6分台でフルマラソンを走れるようになりますよ」と励ますのと同じようなものである。

それに欧州の一流ブランドが本当に職人や工場を大切にしているのかどうかも怪しい。
ないがしろにしているとまでは思わないが、例えば、イタリアにだって工賃が安くて苦しい経営を強いられている工場がたくさんある。
だから、不法移民を含めた外国人労働者を使っているし、欧州のブランドは人件費と工賃が安いアフリカや東欧、中近東の工場を使っている。

もし、国内の製造加工業者の競争力を高め、自立化させたいのであるなら、「フィクションまみれの神話」を作ることではなく、自ら能動的に営業活動を行うようにさせるべきではないか。

これまで、提携ブランドの下請けに甘んじていた国内工場の多くは、今も下請け根性が染みついており、発注を待っている姿勢が強い。これを受注を獲得するために自ら営業するようにすべきではないか。

そして、自社オリジナル製品開発はその次の段階で、製品開発にはマーケティングやデザインの専門家が介在する必要がある。(専門家もピンキリだから選定は容易ではないが)

製品を作っただけではビジネスは完成しない。

最後は売り場を探す、もしくは売り場を作る必要がある。

ここまでできて初めて「製造加工業者の自立化ができた」ということになる。

そして昨日も書いたように、一流ブランドを作りたいのなら、販促、広報宣伝にも目を向けさせなくてはならない。

誰がどんな屁理屈をこねようと、感情的に反発を覚えようと、商売とは、

安く仕入れて(作って)、できるだけ高く売る

ことが絶対のルールであり、「高く売る」ためには「ブランド化(ブランディング)」「付加価値づくり」が必要不可欠となる。

消費者がその説明に納得できれば、提示した値段で売れるだろうし、納得できなければ、いくら「職人が精魂込めて」作ろうが、「伝統の技が云々」「希少な素材が云々」と叫んだところで、提示した値段では売れない。

提示した値段で売れないのは、「ブランディング」「付加価値づくり」に失敗しているからだ。

マクドナルドが一時期、原価をさらされて批判されたが、それは「ブランディング」「付加価値づくり」に失敗したということに他ならない。

こういうことをまるっと抜きにして「モノづくりに専念した」「職人を大切にした」と吹聴するのは、ファクトリエという会社が自社のビジネスを有利に進めるためのポジショントークでしかない。






安く仕入れて高く売るのが商売の基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 安く仕入れて高く売るのが商売の基本
 商売の基本的ルールは「安く仕入れて高く売る」である。
これは全世界・全業種共通のルールである。

出来るだけ安く仕入れて(作って)、出来るだけ高く売ることが利益を最大化するコツであることも常識といえる。

ブックオフが買い取り価格と売価の差で批判されているが、基本ルールに則っているだけである。
しかし、ブックオフが「価値なし」と判断して0円で引き取った商品を、安値で販売していることが周知されてしまっているため、心情的に消費者が納得できないのである。

消費者の論理でいうと、「価値無しと判断した商品を販売するということはどうなんだ?価値のない物を売るのか?」ということになる。

このあたりは、今後、ブックオフが自社のルールを修正して対応すべきだろうが、「10円で引き取った物を500円で売るのはけしからん」という意見は的外れであるとしか言いようがない。

質屋や古着屋だって安く引き取った商品に利益を乗せて売っているし、商社や問屋もそうであり、ブックオフがけしからんというなら世の中の商売はすべてけしからんということになる。

洋服の新品在庫を安く買ってきて売る「バッタ屋」という業種がある。
バッタ屋で売られている洋服はだいたいが1000円を上限とするほど安い。コート類や有名ブランド物はその限りではないが。

300円とか500円の洋服、ファッション用品なんてざらにある。

だからお客はみんな「安いわ~」と口にして喜んで買っていくのだが、バッタ屋自体はもっと安くで商品を仕入れている。
「段ボール箱何箱で何万円」とかそういう仕入れ方をしているが、その中に詰まっている洋服や雑貨1点あたりの仕入れ値に換算すると、おそらく1点10円~100円程度だろう。

10円で仕入れた洋服を500円で販売するなんてことは普通であり、バッタ屋でそれが問題になることはない。

一時期、マクドナルドが原価をさらされて「けしからん」という声が多数上がっていたが、あれだって、商売としては普通である。要は売価が消費者のマクドナルドに対するイメージに見合っておらず、不当に高いと感じられたからだけのことだ。

安く仕入れた物をどれだけ高く売ることができるかで、利益が決まる。

そのため、各社はできるだけ高く売れるように消費者への説得材料をせっせと構築している。
それが「ブランディング」「付加価値づくり」と呼ばれる作業である。

消費者はその「ブランディング」「付加価値」に納得すれば、提示された売価で購入するのであり、批判されているブックオフは、その「ブランディング」「付加価値づくり」に消費者を納得させられるだけの説得力がないというのが現在の問題点だということができる。

これは一時期のマクドナルドにも同じ問題点があった。
マクドナルドがもっとステイタス性を確立できていれば(その完成図は想像できないが)、バーガーセット1000円でも文句を言う人は少なかっただろう。

欧米のラグジュアリーブランドを称賛する人は多いが、「安く仕入れて(作って)、できるだけ高く売る」という基本を忠実に実践したのが欧米のラグジュアリーブランドである。

例えば、実際に携わっている方が書いた記事がある。

「強いブランドほど原価率は低い」という意外?な事実
http://diamond.jp/articles/-/19282

守秘義務があるので、具体的な数字を出して語ってはおられないが、有名ブランドは一般ブランドの何倍もの売価を設定して販売しているということを説明している。

引用するとこんな感じである。

100円で仕入れた商品でも「ブランド品」として売ると、300円で売れます。同じ製品を「名前だけの商品」として売ると、150円ぐらいでしか売れないのです(数字は例えですが)。


一般的にラグジュアリーブランドの原価率は30%程度だといわれている。
4万円の財布だとだいたい工賃を含んだ原価は13000円程度だということになる。

13000円の原価というのも十分に高いが、ラグジュアリーブランドはそれ以上に高く売るために、「ブランディング」「付加価値づくり」を行ったということである。
そのための手段が、販促であり、広報宣伝ということになる。

そして消費者は、販促、広報宣伝で作られた「ブランド力」「ステイタス性」に満足して財布を4万円で購入しているに過ぎない。


ラグジュアリーブランドが売れたのは、愚直に物作りをし続けただけのことではない。
彼らは莫大な資金を販促、広報宣伝に投入している。
まさにそこには大資本の論理しかない。

また後日に別途書いてみるが、日本の物作りブランドや職人が商品を高く売りたいのなら、品質や原価率の向上にだけこだわるのではなく、見た目のデザイン性と販促・広報宣伝戦略こそ強化すべきなのである。

欧米ラグジュアリーブランドを見習う点があるとするならそこであり、それを論じないままで「職人の技」や「物作りの魂」だけを強調するのは、製造加工業者をミスリードすることになり、有害極まりない。



よくできた炎上マーケティングか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - よくできた炎上マーケティングか?
 昨日話題となった記事をご紹介したい。
メディア関係者や広報・プレス関係者はよくこの手の過ちを犯す。

それにしてもBuzzFeedは平均的に良い仕事をする。感服するほかない。

藤原ヒロシ先生のホテルに関する対談が噛み合ってなさすぎて冷や汗が出るレベル
https://www.buzzfeed.com/narumi/sugoi-taidan?utm_term=.auMx04Gw2#.plvgeLKWy

全文は元記事で読んでいただきたいのだが、とにかく質問と回答者である藤原ヒロシさんの答えがまったくかみ合っていない。
読んでいて思わず笑ってしまうほどだ。

秀逸なやりとりをいくつか抜粋して引用する。

2. 「変化は感じて…?」 → 「ありませんね」

3. 「エースホテルがトレンドを変え…」 → 「一番苦手ですね」

4. 「オープンな良さも…」 → 「一人にしてほしいですね」

5. 「食の健康にフォーカスして…」 → 「全然興味がありません」

7. 「ホテルラウンジを開放して…」 → 「僕は苦手ですね」

という具合だ。

この対談の失敗の理由をいくつか推測してみよう。

1、「藤原ヒロシ」を使っておけばそれなりに格好がつくだろうと安易に考えた
  (藤原ヒロシさんの嗜好をまったく考慮せずに依頼した)

2、対談者同士の事前の打ち合わせがなかった・または少なかった

3、ホテル側の質問内容がありきたりで陳腐すぎた

だと個人的には考える。

そもそも、「食の健康志向」や「オープンなホテル」を売りにするホテルであるなら、そういうことに賛同する回答者か、もしくは場の空気を読んでそれなりにヨイショできる回答者を選ぶべきだった。
それをせずにネームバリューだけで「藤原ヒロシ」を選んだことがすべての失敗の根本的原因といえるだろう。

メディアや広報・プレス担当者はこういう過ちをよく犯す。

とりあえず「有名な〇〇さんのコメントを入れておけば大丈夫」とか「〇〇さんのコメントさえあれば(内容は問わない)箔が付く」とかそういうふうに考える。
だから、サッカー日本代表の試合の感想をキムタクにインタビューしに行くという間抜けなことが起きる。

まあ、しかし、これだけ話題となったのだからホテルのPRとしてはそれなりに効果があったというべきだろう。
いわゆる炎上マーケティングだが、もしこれを狙ってやったのならすごいと思うが、この手の「イシキタカイ系」の人たちはそこまでの深謀遠慮はあまりないから、これはおそらく怪我の功名だろう。

個人的にはこういうホテルがどう必要なのかよくわからない。
仕事で出張する際は6000円くらいのビジネスホテルで十分で、まったく不自由を感じない。
どうせ、毎晩遅くに帰ってきて寝るだけだから、健康志向の食とか地元民が遊びにくるスペースとかそんなものは必要ない。

旅行で利用する際も別にあちこち観光したりするだけだから、平均的なホテルで十分である。
ホテルの中で健康志向の食を楽しんだり、地元民と交流したりしたいともまったく思わない。
できれば、仕事以外ではあまり他人と交流したくない。

だから、自分では仕事でも旅行でもこの手のホテルは絶対に利用しない。

ところで、このインタビューで自分の中の藤原ヒロシさんへの好感度はかなり上がった。

23年くらい前にファッション雑誌でその存在を知ったが、イマイチいまだに何をしている人なのかよくわからない。
今のロン毛よりも昔の短髪の方がまだ似合っているのになあと思う程度である。

ファッション業界人には、変なイシキタカイ系の人が多いから、てっきり藤原ヒロシさんもその手の人だと思っていたが、そうではなかったので好感度が上がったという次第だ。

とくに共感するのは、「食の健康志向に興味がない」という点と、「人とはあまり交流したくない」という点である。

自分も毎日コンビニ弁当やスーパーの総菜でも苦にならないから、やたらと手料理や食材にこだわる人はめんとくさいし、やりとりしたくもない。
毎日、松屋の牛めしでも当方は構わない。
人生80年の時代に何をそれ以上長生きする必要があるのかとも思う。

ただ、食中毒になるのはまっぴらごめんなので、韓国産や中国産の刺身は絶対に買わないようにはしているが、こだわりはその程度である。

また、仕事や仕事上で知り合った人とはそれなりに交流するが、プライベートでは別に新しい人と交流したいとは思わない。
できれば一人で過ごしたいし、人混みは嫌いなので、混雑するような場所にはできるだけ出かけたくない。
長蛇の列ができるような有名店に行くのも嫌だ。
20分くらいなら待っても良いが、それ以上、行列に並ばされるような店の料理は一生食べなくても構わない。

ファッション業界人には真逆の「イシキタカイ系の人」が多いから、そういう人と長時間交流すると疲れる。
逆に一般人の嗜好と乖離した「イシキタカイ系の人」が多いから、一般人に売れる服やブランドが生み出せないのではないかとも思う。

個人的な好き嫌いをいえば、「イシキタカイ系の人」は嫌いである。

まあ、それでもパーフェクトに演出されたPRのための対談記事だとまったく記憶にも残らないが、こういう半ば失敗した記事は逆に記憶に残りやすい。
久しぶりに本当に面白い記事が読めたと感じる。

皿の上の宝物
藤原ヒロシ
FLY出版
2014-05-01





PR
PR






記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード